MENU

屋上防水の種類

塗膜防水

塗膜防水は字のごとく、塗って膜を作る防水です。
塗り物だけに伸びが良く、凹凸や複雑な形状の場所にも防水が施しやすく利便性が高いです。
又、密着性が高いので防水層が剥がれてしまう事が少ない防水です。何層も塗り重ねる間に不織布やガラス繊維シートを挟む事で強靭さを出しているのが最近の塗膜防水の特徴です。対応年数としては、トップコートを5年ごとに補強していくと15年くらい持ちます。

 

 

ウレタン塗膜防水

塗膜防水の中でもウレタン樹脂を材料とする防水材の防水工法で、伸びが良いのでほとんどの場所で施工可能です。
塗り物なので凹凸にも問題なく施工でき、とても多くの現場で使われているポピュラーな防水工法です。広い屋上防水にも、戸建てやマンションのベランダ、バルコニーにも向いています。

 

ウレタン塗膜防水の基礎知識

 

FRP防水

塗膜防水の中でも強化プラスチックであるFRP素材を材料とする防水工法です、早く堅く固まり歩行が可能で、人が上で活動するベランダやバルコニーに多く使われています。固まるのが早いので直ぐに使える事も利点です。

 

FRP防水の基礎知識

 

シート防水

シート状になっている防水材を貼り付けて防水を施します。
シート状になっているので、シートを貼り付けるだけで完成する為に簡単に行えるのが特徴です。
施工が楽なので、職人の上手い下手が出にくい施工法です。

 

 

塩ビシート防水

シート防水の中でも塩化ビニル製の素材を使った防水工法です。
施工の速さやシートの丈夫さ、仕上がりの美しさからも人気がある防水の1つです。丈夫なシートを敷くだけですから職人の腕に関係なく美しく仕上がるところ、トップコートがいらないところが塩ビシート防水のポイントです。

 

塩ビシート防水の基礎知識

 

ゴムシート防水

シート防水の中でもゴム製のシートを貼り付けて防水を施す工法です。塩ビシートより弾力性がありトップコートが塗れるので、カラーを指定できるところや、トップコートに遮熱効果のあるもの使う事もできます。最近人気のシート防水です。

 

ゴムシート防水の基礎知識

 

 

アスファルト防水

防水工事の中では最も歴史の長い防水方法です。アスファルト自体は、道路や歩道などでも使用して舗装していますので、ほとんどの人が知っていると思います。

 

道路や歩道では窯を使って熱しながら舗装していますが、建物防水の時には窯を使った防水は今は殆どありません。又、臭いも強いので、熱工法のアスファルト防水は、他の工法へと移っています。

 

現在使用されているアスファルト防水のアスファルトは改質アスファルトと言って、臭いや耐久性などが改良された改質アスファルトがほとんどです。

 

その改質アスファルトをシートのような不織布にしみ込ませた、改質アスファルトルーフィングを使ったものがアスファルト防水の主流です。

 

改質アスファルトルーフィングを使用した防水材を、炙って溶かし貼り付けるトーチ工法やゴムアスファルトの粘着性を利用して貼り付ける冷工法が主流です。

 

トップコートの代わりにコンクリートで保護したり、砂付きシートで仕上げる露出工法もあります。

 

アスファルト防水の基礎知識

 

 

このページの先頭へ