MENU

雨漏りがおさまらない

雨漏りになってしまい雨漏り修理の防水工事で一時は解決したが、すぐに雨漏りに悩まされるようになったということがあります。これにはいくつかの原因があります。

 

防水層の劣化

雨漏りしたので、業者に頼んで改修工事をしたのに又雨漏りした。

 

こういう場合は部分的な改修工事をした事で、水の通り道が変わったケースが考えられます。つまり、防水の原因である場所を部分的に改修してみたものの、水が流れる道を他に作ってしまい、結局他から雨漏りをするといった具合です。

 

 

実は、防水が切れていたり穴が空いている場合は、そこから水が入り、防水層の下に水が入り込んでいます。
中に溜まった水が工事の刺激で広がってしまい、水の流れる道が変わってしまい又雨漏りすると言うケース。

 

 

又、切れていたり穴が開いていた場所から流れ込んでいた水が、防水工事をする事で流れる場所を失い他の弱っている防水層を通して建物に染み入るケースです。

 

 

基本的に建物の基礎の部分で傾斜がうまく取れていなかったり、何らかの原因で水が溜まりやすくなっている場合なのですが、こうなるともう雨漏りのいたちごっこ状態になります。

 

 

防水層が古く弱っていると、部分改修工事では完全に雨漏りを止める事が難しくなるのです。

 

 

今までは、切れていたり穴が空いている部分から水が流れているので、溜まらなかった水が、防水工事により切れた場所や穴が塞がれ、水の行き場がなくなります。すると水は防水層の上に溜まるようになるのですが、弱った防水層は水を通してしまうようになるのです。
水の分子が通るようになれば、水は染み入ってくるのですから。

 

 

本当は、水が溜まらないように建物の基礎工事で傾斜を排水溝やドレンに向けてつけるのが常識ですが、この基礎工事がうまくできていないと、排水溝とは違うところで水が溜まってしまう場合があります。防水層が元気な時には全く気がつかない事です。

 

 

防水層が元気ならいくら水が溜まっても水が染み入る事がないので、気にも止まらないのです。晴天が続けば水は蒸発してなくなってしまいますので気がつきません。

 

 

水は、少しの傾斜でも流れていき、弱いところは容赦なく浸透して染み入っていきます。
これを防ぐのが防水なのですが、防水層が弱くなると水の流れる道ができ、建物内に入り込んできます。

 

 

防水層が劣化している場合は、思い切って全面改修が必要となります。

 

 

 

建物の動きに防水がついていけない

防水層は比較的新しく劣化していないのに、雨漏りが続く場合は、建物自体の動きが原因である可能性が高いです。
特に建物の角に当たる部分に隙間ができたり、サッシなどの固い部分と防水のつなぎ目部分に隙間ができます。

 

 

どういう事かと言いますと
建物の強度が低かったり、交通量の多い道路の近くの建物だったり、地震が頻発したり、地盤沈下があるような建物では、建物の躯体そのものが動いてしまうので、密着している防水層でも建物の角にあたる部分やサッシと防水のつなぎ目の部分は、簡単に切れてしまうという訳です。

 

 

切れている場所が目に見えて分かる場合は防水を補修して対処できますが、目で確認できない隙間は何処が切れているのか分からずにかなり苦戦します。
防水業者とは言え、水がどこから流れてきているか、しっかりと調査しなくてはなかなか雨漏りを止める事ができません。

 

 

ですので、しっかりと調査してもらえるような業者を選んで工事をし直さなくてはなりません。

 

 

余談になりますが、普通の窓より、出窓、四角い建物より、変わった形をした建物の方が雨漏りしやすいのです。
角が多ければ、多いほど雨漏りしやすいと言う事ですね。

 

 

防水の施工不良

防水工事の施工不良も雨漏りの原因になります。
塗膜防水では、基剤と硬化剤の撹拌の甘さにより効果不良、防水層に空気が入ってしまい気泡が出来てしまう施工不良などがあります。

 

シート防水では、シートとシートのジョイント部分の接着不良などがあります。

 

アスファルト防水でもシート状のアスファルトを使いますので、シート防水と同じジョイント部分の接着不良などがあります。

 

こういった施工不良は、業者に責任がありますから、雨漏りが直るまで、しっかりと工事をやり直してもらってください。

 

 

隅や角(コーナー)などは、特に施工不良が生じやすい箇所です。
わざと手を抜こうと思ったのではなく、ミスが出てしまう時もあります、人間の手でやる事ですからある意味仕方のない事かもしれません。

 

 

しかし、防水は保証期間がありますから、その間にしっかりと直してもらってください。保証期間が過ぎた場合は、実費になりますが、保証期間は大抵5年〜10年ありますので、その後の雨漏りは業者の施工不良とは考えずらいです。

 

 

5年〜10年も雨漏りする事がない状態をキープできたのですから、施工不良以外の原因となります。

 

 

 

建物内の配管が破損している

実はたまに起こる事なのですが、防水が破損したのではなく建物内の配管が破損して水漏れが起こる場合があります。

 

配管の継ぎ目などが何らかの理由でずれたり、破損したりすることがあり、建物内で水が漏れますので、雨漏りのように下の部屋に水が伝わっていきます。

 

多くの水が流出すれば、何か変だと気がつきますが、したたり落ちるような流出ですと雨漏りのように感じてしまい、防水業者が誤って改修工事をする場合があります。雨も降っていないのに水が落ちてくるようでしたら、1度配管の破損を疑ってみると良いでしょう。

このページの先頭へ