MENU

雨漏りの判断基準は?

雨漏りのイメージは、雨が降って室内に水がポタポタ垂れてくるイメージがありますが、水が落ちてこなくても、天井裏や柱や壁を伝い、どこかに水が溜まっている場合があります。

 

いつの間にか、天井にシミができた
いつの間にか、天井が膨らんでいた
いつの間にか、天井や壁にカビが生えていた

 

 

こんなケースが見つかったら注意が必要です。
実際に雨漏りに直面していなくても、その建物にダメージがある場合があります。

 

家の壁にカビが目立つようになった

壁にカビが生えている場合は雨漏りと湿気の2つが考えられますが、やはりカビが目立つ場所が壁の中でも壁と壁の境目や壁と天井の境目などに集中している場合は注意が必要です。

 

全体的に壁にカビが生えている場合よりも壁や天井のつなぎ目にカビが集中して生えている場合、雨が降っている時にカビの生えている部分を触ると濡れている場合は雨漏りをしている可能性が高いです。

 

よくわからない場合はカビの生えていない壁を触ってくらべてみると分かりやすいでしょう。

 

窓のサッシの周りが濡れている

窓のサッシや窓全体が濡れている場合は結露の可能性も考えられます。

 

結露の場合は外と部屋の中の温度差で濡れていますから、雨が降っていなくても同じ状態になり他の雨漏りよりも分かりやすいかもしれません。

 

雨漏りの場合はサッシ周りしか濡れませんが、台風や強風の雨のときだけに雨漏りをすることもあります。

 

天井や壁にシミができている

部屋の天井や壁に不審なシミができていたり、壁紙のつなぎ目や電気などの照明器具を取り付けた部分から雨水が漏れだす危険性があります。

 

もし雨漏りして床が少し濡れていてもそのまま乾いてしまうと気づかないことが多ので天井や壁が濡れていないか、シミができていないかを一度、すべての部屋をチェックしてみることをおすすめします。

 

天井や部屋の壁の壁紙のクロスが剥がれた

クロスが剥がれたからといってすぐに雨漏りが原因というわけではありません。

 

粘着力が弱まり剥がれてしまったり、湿気でクロスが浮いてしまうこともあり古いクロスなら寿命で剥がれてしまうことがありますから、クロスが濡れて内側の壁にシミがなければ雨漏りではないでしょう。

 

新しくクロスを張り変えたのに剥がれてしまい濡れたり、シミがない場合は施工が甘く剥がれてしまったと考えられます。

 

雨漏りが原因でクロスが剥がれてしまいクロスの下の部分に水気、湿気がありクロスが剥がれてしまうので内側にシミやカビができてしまうのが自然です。

 

このページの先頭へ