MENU

マンションやビルを新たに建てた場合、どのくらいの頻度で防水工事を改修したら良いのか、気になるところです。

 

 

雨漏りやひび割れなどのトラブルがなければ、必要以上に防水工事をする必要がないと思っている方も多いようですが、トラブルが起きる前にメンテナンスする事で防水が長持ちするのか、あまり長持ちしないのか違いがでてきます。

 

 

又、どんな防水工事をしたのかで違いますし、屋上やベランダ、バルコニーをどのように使っているのか、自然環境の違いによっても違いが出てきます。

 

 

家やビルを新築で建てる場合は、使用目的で防水の種類が選ばれます。
屋上でも形状が複雑だったり、配管やドームの様なものがある場合は施工がしやすい塗膜防水。

 

 

人が良く通り、防水の上で人が何かする事が多い場合にはアスファルト防水で強靭に。又、一般住宅のバルコニー、ベランダなどでは、施工のしやすいウレタン防水や、FRP防水の塗膜防水が向いているでしょう。

 

 

色が綺麗なシート防水も人気ですが、平らで、何もない屋上に向いています。
狭いベランダやバルコニー、配管などが多い形状の複雑なところにはあまり向いていないと言えます。

 

 

シート防水は塗膜防水とは違い、どんどん敷いていけば良いので工事の時間が早いという利点もあります。しかし、もろさという点では、1番弱いかも知れません。

 

いろいろな種類の防水工法がありますが、防水層を作り、雨漏りから家や建物を守る事は同じです。

 

防水を長持ちさせるポイント

防水を長持ちさせるにはいくちかのポイントがあります

 

トップコート

塗膜防水、シート防水ではトップコートを5年ごとに塗り替えて防水層を傷むのを防ぐ事で10年と言わず、15年くらい持ちますが、使用が荒いと10年も持たない場合があります。使用が荒い場合は他の種類の防水が良いでしょう。

 

 

掃除や清掃

アスファルト防水は強靭ですが、防水層の上に保護モルタルを塗り目地を作ります、その目地に土が溜まり草が生える事がありますが草の根はとても強くアスファルトでも穴を空けてしまう程です。ですから、掃除をして土が溜まらないようにして、アスファルトを弱らせない事が長持ちのコツです。又、目地材だけを改修して劣化しないようにしておくと良いでしょう。

 

 

以上のように、防水を長持ちさせるには、ちょっとしたメンテナンスによってきますので、是非実践してもらいたいです。
10年以上経ったら保証はなくなりますが、防水がすぐにダメになってしまうという訳ではありません。

 

雨漏りもトラブルが無い場合は、そのまま使用してもらって構わないのです。
15年くらい経ってもトラブルがない場合は、いつダメになるか分からないという心の余裕をもっておくと良いでしょう。
心配だったら、1度業者に相談してみても良いでしょう。

 

防水工事別の耐用年数

防水工事別の耐用年数

 

ウレタン防水  10年〜15年前後

 

シート防水(ゴム) 10年〜15年前後

 

シート防水(塩ビ) 10年〜15年前後

 

FRP防水  10年〜15年前後

 

アスファルト防水 10年〜20年前後

 

と、大体10年をめどに防水は作られています、アスファルト防水はとても強く15年位持ちますが、防水保証は、他の防水と同じように10年くらいだと思います。

 

 

保証期間というのは、使用している人の故意がなければ、雨漏り等のトラブルを無料で工事してくれるものです。
自然環境や当然ありえる事を想定して算定された年月なので、実際はそれ以上防水が持ちます。

 

 

但し、地震や戦争などにより構築物そのものが壊れたり、動いたりする事柄に関しては、防水保証期間内でも保証はされません。
使用者の過失により防水が傷んだ場合にも保証はされませんので、固いものを置いたり、ハイヒールで歩いたりして穴を空けないようにしましょう。

結局、防水をやり直すのはいつか?

 

結論としまして、メンテナンスにより大きく変わってしまう防水の状態ですが、表面のトップコートや状態によりやり直した方が良いでしょう。

 

 

雨漏りなどのトラブルがあったら直ぐにやり替える事はもちろんですが、何もなくても保証期間間際になったら1度相談してみたらいかがでしょうか。

 

防水層自体は問題ないので、トップコートだけやり直しましょうとか、表面だけ塗り替えましょうなど、提案してもらえます。

 

年数で言いますと、保証期間が切れる間際に専門家に判断してもらうのが正解です。

 

 

雨漏りは、家やビルを痛めます、カビが生えたり木が腐ったり、鉄骨や鉄筋をサビつかせたり、建物には最悪な状況を作り出します。
その為、家やビルの強度を弱めてしまい強い地震に耐えられなくなったりします。

 

そうなる前に専門家に見てもらう事が1番良い選択となりそうです。

このページの先頭へ