MENU

塩ビシート防水とは?

塩ビシート防水工事は防水シートを接着剤で施工場所に貼りつけていく防水法です。
素材としては合成高分子ルーフィング、厚さは0.8o〜2.0o、まずまずの強度を誇る防水材です。

 

塩ビシートの原料は塩化ビニール樹脂で作られた防水シートで平らな場所での防水工事がおすすめの工法です。

 

その訳はシートの重なり部分のジョイント部分を熱風で溶かしてくっ付けることができる特性があるため、凸凹、複雑な形状部分では細かくシートを張っていかなければいけない場所ではシートを切って貼り付ける事で継ぎ目が多くできるのです。

 

シートと土台との境目が多ければ多いほど剥がれやすい部分が多く出来る事につながりますので、平坦でなるべく何も無い屋上などに良い方法です。

 

耐久性があり、紫外線や熱などにも強く、衝撃にも強く塩ビシートの美しい色により景観も良く仕上がります。

 

塩ビシートをかぶせていくだけなので何層にも塗料を塗る手間もなく短い時間で工期を終わられられることが出来ます。

 

また、接着の際は接着工法と機械的固定工法があり防水工事をする場所が濡れていても機械的固定工法ならそのまま工事が進められるのも特徴です。

塩ビシート防水のメリット

塩ビシート防水のメリットとしては耐久性に優れたシート防水で見た目の美しさがあげられます。

 

塩ビシートは紫外線や熱にも強く多少の衝撃にも耐える事ができます、ゴムシート程の柔軟性は無いですが穴のあきづあらいメリットがあります。

 

ゴムシートは保護層を塗り軽歩行が可能でしたが、塩ビシートは保護層なしで軽歩行が可能という手軽さがあります。それだけ塩ビシート自体が耐摩耗・伸縮性がある強い素材なのです。

 

元々の防水層を剥がさずに施工できる機械固定工法は、そのまま上からシートを貼れるので、廃材処理費用が低コストで短期間に防水工事が進められるのもメリットです。

塩ビシート防水のデメリット

塩ビシートは耐久性などに優れていますが、塩化ビニールという素材自体が硬く、塩ビシートを折るように曲げてしまうとシート自体が破れてしまうことがあります。

 

突きや衝撃には強いですが、素材が硬いため施工時にシート自体が切れてしまったり亀裂が入ることもあります。

 

ですので入隅、出隅などの角(コーナー)が不得意で浮きやすいのがデメリットになります。

 

塩ビシートをしっかりと張りつけるためには屋上や平らな場所の工事での使用が条件になってくるのもデメリットといえるでしょう。

 

ゴムシート防水とは違い、シートの重なり部分は熱い熱風で溶かしながら付ける溶着となるので、かなり密着度は高いのですが、それでもシートとシートのジョイント部分は弱いですし、貼り仕舞部分の剥がれやすさは、シームレスの塗膜防水に比べると大きいのは事実です。

 

シートが切れて水が入れば、シートの下に水が風船のように入り込んでしまうのもシート防水の特徴です。

このページの先頭へ