MENU

屋上、平屋根の雨漏り修理の流れ

実際、天井にシミを見つけたり、天井や窓周りから水が落ちてきて雨漏りした場合は、どうすれば良いのか簡単ですが、流れを説明いたします。

雨漏りの原因箇所の究明、現地調査

雨漏りの場合は、現地調査が必須です。
電話相談だけで値段を決めたり、直ぐに雨漏り修理に取り掛かる段取りを決めたりしてはよろしくありません。
必ず、現地調査をしてもらいましょう。

 

 

例えば、台所の天井から水が落ちてきた場合、雨漏りしている原因箇所は必ずしも台所の上にある屋上とは限りません、それどころか、原因箇所は全く別の場所というのが大半だからです。

 

水は、防水層の切れた箇所や弱った箇所、破損した箇所から侵入し、建物内部の傾斜をたどり柱や壁を伝い流れやすい場所に水の道を作りながら、全く違う場所にたどり着きます。

 

 

水の通り道ができてしまうと、その通り道を伝いどんどん水が浸入してきますから雨漏りとなってしまうのです。

 

 

現地調査は雨の降っていない時に防水状態の点検をしてもらい、破損個所、破損具合を判断してもらい修理をしてもらいましょう。

 

 

雨漏りは、天井から水が垂れてきて大変なことになりますので、直ぐに止めて貰いたいのはやまやまですが、その時は応急処置をお願いし、必ず晴れている時に、点検、調査をしてもらいましょう。

 

 

業者によっては、漏水箇所を特定する為に、屋根にホースで水を掛け、水の流れを調査してくれるところもあります。
天井裏や暗いところでは、懐中電灯で照らしてみると水は光りますから水の通り道を発見する事ができます。

 

 

雨漏りの場合は、原因箇所の究明が何よりも重要です、現地調査をしっかりしてくれる業者を選びましょう。

全面改修か部分改修の判断

水が浸入している個所の発見ができた場合は、防水の部分改修をしてもらうと良いでしょう。
しかし、防水自体が全体的に劣化している場合や、年数の古いものは全面改修で対応します。

 

防水が全体的に傷んでいる場合ですと、部分改修をしても又すぐに他の箇所から水が浸入する場合が多いのでいたちごっことなります、全面的に改修し水の浸入する隙を与えない方が結果的に安くあがります。

 

 

下地の状態を確認

防水工事を施工する前に確認したいのが下地の状態です。
いくら防水工事をしても下地の状態が悪いと、防水が長持ちしませんし、防水自体ができない事もあります。
下地が悪い場合は、下地を直すところから始める事になります。

 

特に雨漏りを放っておいた場合は、下地の下にある土台が腐っている場合もありますので、大掛かりな工事となります。

下地調整

防水は、建物をラップするようなものですが、下地はその前の段階で、雨水をどう逃がすか、はけるようにするかに関係します。

 

排水溝やドレンに向かって水が流れるようにする為には、多少の傾斜が必要です、ドレン周りに多少の傾斜をつけて水がドレンへ流れるようにしたりするのも下地調整ですからとても重要という事が分かると思います。

 

逆に下地調整に失敗すると、部分的に水が溜まってしまう可能性がありますので下地調整をしっかり考えてくれる業者が後々良い結果を生み出します。

 

土台が腐っている、破損している場合は、その箇所を取り除き、木材やモルタルで形成しなおし、その上に下地調整していきます。

 

又、傾斜をやり直す場合は左官工事になります、モルタルで傾斜を作りドレンや排水溝に水が流れるようにします。

 

下地がしっかりしている場合は特に下地調整を行う事はありません。

 

防水工事の開始

下地がきれいになり防水工事が出来るようになったら、その建物や状況などに合わせて防水工事を施工していきます。

 

部分改修の場合は、既存の防水に合わせるように改修しますし、屋上に凹凸の多い場合は、塗り物の防水が向いています。

 

特に何もない平坦な屋上では、シート防水でもアスファルトでも塗り物でもやり易く、施工不良が起こりづらいと思います。

 

又、ベランダのように人が良く上を歩くのか、人はほとんど歩かないのかなど、用途に合わせて業者と相談しながら決めると良いでしょう。

 

 

このページの先頭へ